入学金0円キャンペーンに騙されない!入学費用の正体に迫る

入学金

英会話スクールに通おう!と思い立ったとき、1番負担となる費用は入学金ではないでしょうか。そこで公式サイトを見るだけではわかりにくい「初期費用」について、ここでは解説します。

入学金

入学金無料キャンペーンを重視して契約してOK?

できることなら払いたくない…と、誰もが思う費用・入学金。そんなときに「今だけ入学金0円!」なんて広告をみたら、誰だって心惹かれてしまいます。
でも、ちょっと待ってください。
そのスクール、頻繁に入学金0円キャンペーンを行っているかもしれません。
というのも以前、私が英会話スクールを探していたとき、キャンペーン期間だけを変えて「今だけ」と記載しながら、いつも入学金0円キャンペーンをしていた記憶があるからです。もちろん、それは悪いことではありませんし、これからスクールに通いたいと思っている人にとっては嬉しいこと。
けれど、今だけのキャンペーンですと言われたとき、ちゃんとお得なスクールか判断できる人は少ないのではないでしょうか。入学金だけでなく、授業料や教材費など、他にも必要な費用と比較してお得かどうかを見極めることが大切なのです。

ここでは、東京都内の主要英会話スクール10校の入学金を、一覧でまとめてみました。一時のキャンペーンに踊らされず、自分自身の目でしっかりと見極めるために、参考にしてくださいね。

都内で評判の英会話教室10校の入学金一覧

東京都内で評判の英会話スクール10校を、入学金(税込)が安い順で並べてみました。同額の場合は、1ヶ月あたりの受講料が安いスクールを上から順に記載しています。教室選びの参考にしてくださいね。

教室名 入学金
英会話リンゲージ 0円
テス英会話 10,800円
シェーン英会話 21,600円
ECC外語学院 21,600円
英会話イーオン 32,400円
ベルリッツ 32,400円
7アクト 32,400円
Gabaマンツーマン英会話 32,400円
COCO塾
COCO塾は2018年3月31日にサービスを終了
32,400円
イングリッシュビレッジ 33,480円

10校の入学金を平均すると、24,948円と決して安くはない金額。レッスン料の安さも大切ですが、総合的にお得なスクールを見極めるためにも、入学金も要チェックです!

そもそも入学金って必要なの?その正体を調査

オンライン英会話が流行りだしてから、スクールでも入学金を値下げするキャンペーンをしたり、広告を増やしたりしているようですが、そもそも入学金というのは何に使われているのでしょうか?
ほとんどの英会話スクールで当たり前のように設定されているものの、いまいち使い道がハッキリしません。教材は別で購入しているし、事務手数料だというならシステムに登録するだけの手続きで数万円もかかるのは高い!と感じてしまうのは、私だけではないはず。
「英会話スクールの入学金が広告宣伝費になる」という噂もありますが、たいして広告を出していないような小さなスクールでも、ほとんどのところが入学金を設定していますし…調べてみたのですが、結局分かりませんでした。
なにはともあれ、英会話リンゲージのような入学金無料のスクールがどんどん増えると、生徒側としては嬉しいですよね。