火星大接近を英語で表現しよう

みんなのネタ帳!英会話コラム

日常で使える英語フレーズ

2020/10/15

火星が大接近!?英語でなんと表現する?

地球の外側を公転する惑星・火星が2020年の秋、地球に大接近することが話題となっています。火星観測に最適なこの時期、ぜひ夜空を見上げてみてはいかがでしょうか? そんな、2020年に大接近する火星の豆知識と英語表現について集めてみました。

火星が大接近!?英語でなんと表現する?

2020年、火星の準大接近とは

太陽から見て地球の外側を公転する惑星を、外惑星と言います。この外惑星のなかで、火星は最も地球に近づく惑星ですが、時期によっては大きく離れることもあり、地球との距離が大きく変化します。このような特徴があるため、地球との距離が近くなるときに使う「接近」という言葉は、火星以外の惑星に対してはあまり使われません。赤く存在感のある火星ですが、実際の大きさとしては地球の半分くらいの小さな惑星です。
ちなみに「大接近」という言葉ですが、どれくらい近づいたら大接近とするかの定義はなく、実は慣習的に使われているもの。また火星の大接近は15~17年ごとに訪れ、火星を観察する絶好の機会となります。最近では2018年に大接近と呼ばれる状態になりました。そして2020年秋も、2018年に準ずる好条件で地球と火星が接近することが話題となっています。

2020年9~10月の星空の動き

2020年の火星の動きを見ると、9月初めには深夜に地平線から現れました。これを「地平出」と言います。その後、地平出の時間はどんどん早くなります。この時期、火星の位置は魚座のエリアにあり、その周辺には明るい星がないので、火星の明るさが強調されるでしょう。赤く輝く星に気づいた人もいるのではないでしょうか。ちなみに、射手座のエリアには木星と土星が位置し、これらの惑星も明るく目を引きます。もし望遠鏡で火星を観察する場合は、木星や土星も一緒に見てみるといいでしょう。
なお、2020年の火星の最接近は10月6日ですが、この日だけ特別に大きく見えるわけではありません。その前後1ヶ月くらいはよく見えるので、観察するのにはおすすめです。

火星の観察

通常、天体観測は街灯などの少ない郊外でするのが多いものです。暗い場所でないと見えない星が多く、街中などは星の観察に適していないからです。でも火星はとても明るい惑星なので、街中でも観察することができます。ただ、地球の大気の影響を受けやすく、気流の状態によってはよく観察できない場合もあります。特に火星が地平線に近い位置にあるときは、見えづらいでしょう。なので、火星を観察するときは、なるべく空の高い位置にある時刻を選ぶことをおすすめします。具体的には、地平高度が20度以上であれば、観察しやすいでしょう。地平高度が20度以上になるのは、火星が地平線から現れてからだいたい2時間後くらいです。
なお、火星は望遠鏡越しに、スマホやデジカメでも写せる場合があります。ただ、望遠鏡とカメラのレンズの中心が合わないとうまく写らないので、初心者には難しいでしょう。慣れてきたら撮影も面白いものですが、まずは観察を楽しむことをおすすめします。

火星大接近に関する重要単語

では、火星大接近にまつわる言葉で重要なものを英語ではどう表現するのか、確認しておきましょう。

・火星:Mars

・接近:approach

・惑星:planet

・見逃す:miss

・予想する:expect

火星大接近に関する例文

そして、この火星大接近についての情報がどんなフレーズで伝えられているのか、例文を使ってご紹介します。

Mars Close Approach is October 6, 2020.
火星最接近は10月6日です。

Close Approach is when Mars and Earth come nearest to each other in their orbits around the sun.
(火星)最接近は、火星と地球がそれぞれの太陽の周りの周回軌道で最も近づく瞬間です。

If you missed it, you can expect a good view of the red planet.
もしそれを見逃したとしても、この赤い惑星が良く見えると期待できます。

When Mars and Earth are close to each other, Mars appears very bright in our sky.
火星と地球が接近しているとき、火星は空に非常に明るく輝きます。

It also makes it easier to see with telescopes or the naked eye.
望遠鏡や肉眼で容易に見られるようになります。

おすすめの記事Recommendations For You