マクドナルドのネイティブ発音を覚えよう

みんなのネタ帳!英会話コラム

旅行を満喫!トラベル英会話

2019/09/12

カタカナ読みは失敗する!?マクドナルドのネイティブ発音

ファーストフードの代表格として知られ、世界中に店舗をもつ「マクドナルド」。日本では略称として「マック」や「マクド」と呼ぶ人が多いですよね。
しかし、海外へ行って外国人に「マクドナルド」と伝えたのに通じなかった……なんて声も。日本で言われるマクドナルドと、英語圏での発音は一体何が違うのでしょうか?そこで今回は、マクドナルドのネイティブ発音や海外での注文方法をご紹介します。

カタカナ読みは失敗する!?マクドナルドのネイティブ発音

「イッテQ」でも紹介!世界でのマクドナルドの略称

「世界の果てまでイッテQ!」という番組はご存知でしょうか? 日曜の夜に放送されているこの番組でも、世界各国でのマクドナルドの略称が紹介されたことがありました。

それによれば、アメリカではマクドナルドのことを何と「ミッキーディーズ」と呼ぶそうです!

◆世界各国でのマクドナルドの名称

・アメリカ……ミッキーディーズ(Mickey-D's)

・イタリア……メック

・オランダ……ザ・マック

・オーストラリア……マッカス

・フィンランド……マッカゼイ

・スウェーデン……ドンケン

どちらかといえば、イタリアの「メック」の方が私たち日本人にとっては馴染み深い気がしますよね。ミッキーディーズ、と言われると某ディズニーのキャラクターをイメージしてしまいそう。

しかし、実はこの「ミッキーディーズ」はマクドナルド自身が90年代、新しいハンバーガーの名前として付けたものだったようで、今のアメリカの若い世代の中では死語になりつつあるとのこと。

一部の州や世代では未だに通じるものの、少なくともハワイでは聞いたことがない、という意見もありますので、必ずしも伝わるわけではない、と覚えておきましょう。

ちなみに、ミッキーディーズと同程度に普及している“Golden Arches(ゴールデン・アーチーズ)”という呼び名もあります。これはマクドナルドのマークとなっているアーチ状の黄色いMから来ているそう。

◆その他、日本とは異なる略称がある企業、商品名

・ケンタッキ……KFC(ケイエフシー)

・スターバックスコーヒ……Four Bucks(フォー・バックス)

・マイクロソフト……Mister Softee(ミスター・ソフティー)

・ディズニ……Mouse House(マウス・ハウス)

・サーティーワンアイスクリーム……Baskin-Robbins(バスキン・ロビンス)

マクドナルドの発音&トチりたくない英語での企業名一覧

つまり、マクドナルドは英語圏でも「マクドナルド」と言い表した方が間違いないと言えるでしょう。とはいえ、やはり日本人のカタカナ発音では通じにくいのが現状。

では、英語圏ではどのように「マクドナルド」を表現すれば良いのでしょうか?

◆マクドナルドは英語で「マクドーン」?

・マクドナルドの綴りは“Mc Donald’s”。

日本では最後のdまできちんと発音しますが、英語圏では「マクドウナゥズ」、もしくは「マッダーナゥズ」と、なるべく英語らしい言い方を意識して言うと上手くいきやすいようです。

ポイントは、Mc/Do/nald’sとセンテンスを3つに分け、それぞれの頭の音を強調するような気持ちで発音すること。「マク、ドウ、ナゥズ」といった感じですね。

ただし、一説にはネイティブの発音だと「マクドーン」に聞こえる、という話もありますから、上記でも伝わらない場合は試してみると良いかもしれません。

◆他にもあるある!英語での発音が難しい企業、商品名

・MILO(ミロ)……マイロゥ

・Nikon(ニコン)……ナイコン

・IKEA(イケア)……アイキーア

・Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)……メァスィーディーズ・ベンツ

・Costco(コストコ)……コスコゥ

・Twitter(ツイッター)……米トゥウィダァ/英トゥウィタ

このように、確かに英語らしい発音をするとこういう風になるかも、というものから、普通に発音を意識して読んでもこうはならない、というものまで様々ですね。

覚えておきたい!海外のマクドナルドでの注文方法

最後に、海外でのマクドナルドでの注文の際に使える英語フレーズを学んでおきましょう。日本とは違いセットメニューが用意されていない場合が多いので、注意が必要です。

◆マクドナルドで覚えておきたい英単語

・ハンバーガー(単品)……Hamburger/Sandwich

・ビッグマック……Big Mac

・ダブルチーズバーガー……Double Cheese

・クオーターパウンダーチーズ……Quarter Pounder

・フライドポテト……french fries

ハンバーガーはそのまま“Hamburger”でいけそうですが、場合によっては“Sandwich”と言わなければ伝わらないこともあるようなので、メニューを見て確認しましょう。

フライドポテトはそのままではなく「フレンチフライ」。また、アメリカのマクドナルドにはステーキバーガーやベイクドクッキーなど、日本にはない商品もありますから、ぜひ試してみたいですね。

◆飲み物のサイズ

・Sサイズ……Small

・Mサイズ……Medium

・Lサイズ……Large

例:Small coke(コーラのSサイズ)

海外では「S、M、L」では通じません。サイズも日本のものよりそれぞれ一回り大きいのが目安とのことなので、いつも頼むものよりワンサイズダウンさせるのがおすすめです。

◆マクドナルドでの注文一例

・Hi, how can I help you today?
こんにちは、何かご注文でしょうか?

・Hi. Can I get a Big Mac, please?
こんにちは、ビッグマックをください。

・Sure. Would you like a drink and fries with that?
かしこまりました。ご一緒にポテトやお飲み物はいかがですか?

・Yes, please.
お願いします。

・What size can I get for you?
サイズはいかがいたしましょう?

・Small coke, please.
一番小さいコーラをください。

・Sure. Anything else for you today?
はい。他にご注文はありませんか?

・No, that’s all.
いいえ、以上です。

・Confirm. Big Mac, French fries, Small Coke one by one.
確認します。ビッグマックとフライドポテト、Sサイズのコーラがひとつずつですね。

・That's OK.
それで大丈夫です

・Will it be for here or to go?
ここで食べていきますか?それともお持ち帰りですか?

・To go.
持ち帰ります。
※その場で食べる場合は“For here.”でOK。

・Okay. Your total today is going to be $○.○○.
了解しました。○ドル○セントになります

いかがでしょうか? 完璧な英文を使わなくても、基本的に商品名さえ押さえておけばある程度は対応してもらえるでしょうが、せっかくならしっかり文法をマスターしていきたいですね。

ちなみに、苦手な食材がある時は“with no ○○”で抜きにできますし、更にチーズやピクルスなどを追加したい時は“with ○○”で追加できますよ。

おすすめの記事Recommendations For You