「おにぎり」を英語で説明する方法

みんなのネタ帳!英会話コラム

日常で使える英語フレーズ

2020/01/30

世界で人気の「おにぎり」を英語で説明してみよう

日本人にはおなじみの「おにぎり」。大人も子供も大好きな、日本のソウルフードと言ってもいいのではないでしょうか。この「おにぎり」、実は今、世界中で人気が高まっていることをご存じですか? 作り方は簡単でいろんな味を楽しめる、持ち歩きに便利、忙しいときも手早く食べられる……と、外国人にも好評です。今回はそんな「おにぎり」を知らない外国人へも説明するために、使える英語フレーズをご紹介します。

世界で人気の「おにぎり」を英語で説明してみよう

おにぎりの英訳・説明フレーズ

まず、おにぎりの英訳を確認しておきましょう。
おにぎりは英語で、

rice ball(ライスボール)

と言います。 直訳すると「ご飯ボール」というところでしょうか。
日本人は、おにぎりというと丸形(俵型)よりも三角形のものをイメージする人が多いので、「ボール」という表現には少し違和感を覚えるかもしれませんが、丸形でも三角形でも、英訳は”rice ball”で共通しています。
どうしても三角形だということを強調したい場合は、“triangle rice ball”と伝えるといいでしょう。

また、最近ではわざわざ英語で表現しなくても、そのまま

”Onigiri”

で通じる場合も多くなってきています。おにぎりは、寿司(Sushi)や折り紙(Origami)などと同じように、日本語のままで通じるようになってきている日本文化のひとつでもあるのです。

ただ、日本のことに詳しくない外国人には、”Rice ball”や“Onigiri”と言っても通じないこともありますから、そんなときのために、詳しく説明できるフレーズを覚えておきましょう。

・Onigiri is a Japanese rice ball made from white rice.
おにぎりとは、白米でできた日本のライスボールのことです。

・Rice ball is a Japanese food made from white rice, seaweed and fillings.
おにぎりとは、白米と海苔と詰め物からできた日本の食べ物です。

・We usually put filling in the rice ball and shape the rice into a ball, triangle, and cylinder.
通常ライスボールの中には具材を入れ、それをボール型や三角、俵型に握ります。

・It’s usually shaped like a triangle, and wrapped in seaweed.
たいてい三角形の形で、海苔に包まれています。

おにぎりの具材の英訳・フレーズ

おにぎりのことを知らない外国人に詳しく説明できるよう、具材についても英語で言えるようにしておきましょう。ここでは、日本人にとっておなじみの具材と英訳をご紹介します。

・鮭:Grilled salmon

・おかか:Bonito flakes

・ツナマヨ:Tuna & Mayo / flaked tuna mixed with mayo

・たらこ:Cod roe

・明太子:Spicy cod roe

・昆布:Kelp

・いくら:Salmon roe

・海老の天ぷら:Tempura shrimp

・高菜:Leaf mustard

・梅干し:Pickled plum

これらの具材が入ったおにぎりですよ、ということを表現するときは、

“~ rice ball“ や “rice ball with ~” というフレーズを使いましょう。

・pickled plum rice ball.
梅干しのおにぎり

・Rrice ball with cod roe.
たらこおにぎり

また、おにぎりの具材について実際に説明するときは、次のようなフレーズを覚えておくとスムーズです。

・There is a variety of Onigiri filings and flavors.
たくさんの種類のおにぎりの具や味があります。

・Shake is grilled salmon.
鮭とは焼いたサーモンのことです。

・It is my favorite rice ball filling.
これは私のお気に入りの具材です。

・What is your favorite filling?
あなたの好きな具材は何ですか?

おにぎりの作り方を伝える英語表現

こんなふうに、おにぎりについて詳しく説明していくと、相手の外国人がさらに興味を持って、「どうやって作るの?」なんて聞かれることもあるかもしれません。そんなときは、以下のような英語フレーズで、教えてあげてください。

・Let the steamed rice cool just slightly.
炊いたご飯を少し冷ましておきましょう。

・Cut a dried nori sheet into 8 strips.
焼きのりを8つに細長く切ります。

・Wet hands with water and add salts.
手を水で濡らして塩をつけます。

・Place rice in one hand, press and form into a triangle shape.
片手にご飯を盛って、三角形に形を整えながら握ります。

・Make a well in the middle of the rice ball, and put in your choice of ingredients(fillings).
中心にくぼみを作って、中に具を入れます。

・Reshape and wrap with seaweed.
形をもう一度整えて海苔を巻きます。

外国人に人気or嫌われているおにぎりの具材

最後に、外国人に人気の具材と、実は嫌われている具材をお伝えします。

外国人に一番人気の具材は、何と言ってもツナマヨです! ツナフレークとマヨネーズは、多くの外国人にとって慣れている味なので、おにぎりにしても違和感がなく、おいしく食べられるのでしょう。同じような理由で、鮭も人気です。

その反対に、外国人に嫌われることが多い具材は、梅干し。やはり、すっぱい味が外国人にとっては不評のようです。また、生のたらこを嫌う外国人も多いそう。「プニュッとした食感が気持ち悪い」という理由のようです。

このように、日本人にとってはおいしく感じる食感や味でも、外国人には嫌われている場合もありますから、国際交流イベントなどでおにぎりを振る舞ったり、一緒に作ったりするときは、気をつけるといいでしょう。具材の種類を多く用意しておいて、相手に選んでもらうようにすると喜んでもらえますし、話しも弾みますよ。

おすすめの記事Recommendations For You