英語で「よろしく」と言うときのフレーズ

みんなのネタ帳!英会話コラム

日常で使える英語フレーズ

2020/02/20

様々なシーンで使う「よろしく」を英語で表現するには

「よろしくお願いします」って、とても便利な言葉ですよね。日本ではメールや電話、会話などで、頻繁に「よろしく」という表現を使います。では、英語ではどうでしょうか? 英語で「よろしく」というときはどんなフレーズを使うのか、詳しく解説していきましょう。

様々なシーンで使う「よろしく」を英語で表現するには

日本語の「よろしく」のニュアンス

日本語で「よろしく」というとき、その言葉には、実はかなり幅広いニュアンスが込められています。たとえば、初対面の相手に対する「よろしく」と、何か頼み事をするときの「よろしく」では、少し意味合いが違いますよね?
ですから、英語で「よろしく」と言いたいときは、シーンや状況に応じて表現を変えることになります。

ですが、難しく考える必要はありません。「この「よろしく」には、具体的にどんな意味があるのかな?」と深掘りして表現を組み立てていけば、自然と適切な「よろしく」を使えるようになるでしょう。
ここから、シーン別の「よろしく」表現をお教えしますから、ぜひ参考にしてください。

シーン別の「よろしく」表現

◆会話を終えるとき

・Nice meeting you.
・It was nice to meet you.

直訳すると、「お会いできてうれしかったです」「素敵な出会いでした」という意味ですが、日本語で言うところの「今後ともよろしくお願いします」「今日はありがとうございました」といったニュアンスの表現になります。
これらをただの挨拶としての「よろしく」として言うのではなく、本当に今後もつきあいを続けていきたい、仲良くなりたいという気持ちが強い場合は、以下のフレーズを添えるのがおすすめです。

・Keep in touch./Let’s stay in touch.
連絡を取り合いましょう。

・I’ll see you around.
またどこかでお会いしましょう。

また、挨拶としての「よろしく」表現としては、以下が便利に使えるフレーズです。

・Let’s get together again.
また集まりましょう。

・Until next time.
次もよろしくお願いします。

・Please come again.
またいらしてくださいね。

日本では、ビジネスシーンの挨拶として、「よろしくお願いします」がよく使われますよね。これと同じニュアンスで使える英語フレーズは、以下などがあります。社内でも取引先の相手にも共通して使えますから、いくつかバリエーションを覚えておくといいでしょう。

・I’m looking forward to working with you.
これから一緒に働けることを楽しみにしています。

・Thank you for your continuous support.
引き続きのご支援に感謝申し上げます。

・Thank you for taking time to meet us.
お会いする時間をつくっていただきありがとうございます。

・I appreciate you coming.
来ていただいたことに感謝します。

◆頼みごとをするとき

・Thanks!
・Thanks for taking care of it.
・Thank you for doing this.

これらは直訳すると「ありがとう」ですが、頼みごとをするときは「よろしく」のニュアンスが強くなります。

・Thank you for your help in advance.
・Thank you for your hard work in advance.
・Thank you for your cooperation in advance.

また上記のように、"in advance"(前もって)をつけて感謝を示すことで、日本語の「よろしくお願いします」と同じように使うこともできます。

この他に、相手を讃える意味合いのことを伝えることで、「よろしく」表現として以下を使うことも可能です。

・I’m counting on you.
あなたを頼りにしてるよ。

・I knew I could count on you.
あなたが頼りになるのは知っていた。

日本では、メール文、特にビジネスメールの最後に、「よろしくお願い致します」と結ぶのが定番となっていますよね。英語でも同じように、メール文の末尾につける定番の「よろしく」フレーズがありますので、覚えておきましょう。

まず、カジュアルなものとしては、以下の表現があります。

・Best,
・Best regards,
・All the best,

これよりも丁寧にしたいときは、以下の表現を使うといいでしょう。

・Thank you,
・Sincerely,
・Yours truly,

また、もう少しビジネス的なニュアンスを出したい場合は、以下の文をつけるのがおすすめです。

・Thank you very much for your kind support./Thank you very much for your cooperation.
ご協力よろしくお願いします。

・I would appreciate your kind consideration./Thank you very much for your consideration.
ご検討よろしくお願いします。

・Thank you very much for your understanding.
ご理解の程よろしくお願いします。

おすすめの記事Recommendations For You