英語が聞き取れない、聞き返すときのフレーズは?

みんなのネタ帳!英会話コラム

日常で使える英語フレーズ

2018/07/01

分からないとき、英語でなんて聞き返す?

英語で会話をしているとき、相手の言っていることが理解できないことってありますよね。それは、英語力の問題だけではありません。どんなにヒアリング能力の高い人でも、聞き取れないことはあるんです。そんなときは、あわてないでください。もう一度同じことを話してくれるように、お願いすればいいんですから。 ここでは、そんな場面で聞き返すときの英語表現をご紹介しますよ。

分からないとき、英語でなんて聞き返す?

丁寧に聞き返したいときは、どういえばいい?

まずは、丁寧に聞き返せるフレーズを覚えておくといいでしょう。仕事ではもちろん、プライベートの場面でも、丁寧に越したことはありません。「気軽な友人相手に、丁寧すぎるのは嫌だな」と思うかもしれませんが、失礼になるよりは、丁寧すぎる方がよっぽどいいでしょう。

・Could you please repeat that?
もう一度言ってもらえますか?

・Could you please say that again?
もう一度言っていただけますか?

“Could you please~”から始まる言い方をすることで、「~してもらえますか?」「~していただけますか?」という丁寧なお願いのフレーズになります。 また、”say that again”は「もう一回それを言う」、”repeat”は「繰り返す」という意味で、たいていの場面では同じように使える表現ですから、セットで頭に入れておくといいですよ。

・Pardon?
何とおっしゃいましたか?

これは、中学や高校のときに英語の授業で習ったから覚えている、という人も多いのではないでしょうか。学校で教えるくらいですから、確かにオーソドックスな言い方です。しかし、少し時代遅れな表現になってきているというのが、正直なところ。せっかく学校で教えられて頭に入っているわけですから、使いたくなる気持ちもわかりますが、ネイティブ同士の会話では、今はほとんど聞かれないフレーズとなっています。ですから、あなたが実際の場面で丁寧に聞き返したいときは、” Could you please repeat that?”か” Could you please say that again?”の方を使うほうがいいでしょう。
ただ、年配の人たちの中には、今でもこのPardon?”というフレーズを使う人もいるので、「こういう表現がある」と知っておくことは決して無駄ではありません。

日常的に使える!無難に聞き返すときの表現は?

続いて、丁寧すぎず、それでいて失礼にもならない、ほど良い表現をあげてみましょう。さまざまな場面で使いやすく、便利なフレーズです。

・Can you say that again?
もう一回言ってくれますか?

・Can you repeat that?
もう一回言ってくれますか?

“Can you~” ら始まる言い方をすると、“Could you please~”に比べると、お手軽な印象になります。けれど、けっしてがさつな表現ではありません。どちらかというと丁寧な部類に入る言い方ですから、どんな場面でも使えるでしょう。

・What did you just say?
今何と言ったのですか?

相手が言ったことを、すぐに聞き返すときに使えるフレーズです。“What did you say?”ではなく、” What did you just say?”と”just”を付け加えることで、「今さっき発言したこと」をもう一度聞きたい、と強調できます。
ただ、この表現は、時と場合によっては「今なんて言った?」という攻撃的なニュアンスに聞こえることもありますから、少し気をつけたほうがいいでしょう。なるべくやわらかい言い方で使えば大丈夫です。

・Excuse me?
すみません、もう一度お願いします。

・I’m sorry?
ごめんなさい、もう一回言って?

この2つのフレーズは、語尾をはっきりと上げていうことがポイントです。そうしないと、謝罪の表現になってしまうので、「この人は何を謝っているのだろう?」と、相手を混乱させてしまいます。
ですが、それさえ気をつければ、とても使い勝手の良いフレーズです。簡単な表現ながら、フォーマルな場面でも通用しますから、困ったときは思い出してくださいね。

親しい相手にだけ使える!シンプルな聞き返し方

親しい家族や友人たちに対してだけ使える、シンプルな表現もありますよ。親密さや気軽な雰囲気を大切にしたくて、わざとこういったフレーズを使うネイティブもいるのです。

・Say that again?
もう一回言って?

このフレーズも、語尾を上げて言うようにしてください。そうしないと、「もう一度言いなさい」というただの命令になってしまいますからね。

・Huh?
え?

これは、日本語で「えっ?」と聞き返すのと同じようなニュアンスの聞き返し方です。慣れてくると、思わず瞬間的に口から出てくるようになりますが、とてもくだけた表現ですから、本当に親しい相手にのみに使うようにしてください。

・What?
何?

日本語で「何?」と聞き返されたときのことを想像すると、少しそっけない印象をうけるのではないでしょうか。それは、英語でも同じです。フォーマルな場では失礼になることもありますから、このフレーズを使うのは、友人たちとの間でのみ、ということにしておいたほうがいいでしょう。

おすすめの記事Recommendations For You