こたつを英語で説明する時のフレーズ

みんなのネタ帳!英会話コラム

日常で使える英語フレーズ

2019/12/15

日本のこたつを英語でどう説明する!?

寒い季節になると恋しくなる「こたつ」。日本の冬の風物詩としても知られていますが、外国人に説明するとなると結構厄介ですよね。海外では一体何に例えられるのでしょうか?
そこで今回は、外国人にこたつを紹介する際に使用できる英語表現について、詳しくご紹介します!もし尋ねられた時のために、ぜひブックマークしておいてください。

日本のこたつを英語でどう説明する!?

意外と難しい!こたつを英語で表現するには?

床暖房がない部屋でも、入ればたちまち温もりを感じられるこたつ。エアコンだけではやや肌寒く感じる日もありますから、外から帰ってきた身体を癒すには最適なアイテムですよね。

しかし、英単語で表現するのは確かに難しいもの。実際海外にはこたつのような暖房器具は存在しないので、基本的には“Kotatsu”と言ってしまって良いようです。

・What is a kotatsu?
こたつって何?

ただ、それだと高確率で上記の質問をされるでしょうから、一体どのようなものなのかを説明してみましょう。

◆こたつの説明

・Kotatsu is a table with an electric heater attached to the underside of the table.
こたつは、裏側に電気ヒーターが付いたテーブルのことです。

・A kotatsu is a traditional heating system in Japan, which is a table and a heater combined as one piece of furniture.
こたつは日本では伝統的な暖房器具で、テーブルとヒーターがひとつの家具として一体化したものです。

◆こたつの形状や仕組みについての説明

・It has a square or rectangle table top and a separate base frame. It is about the height of a coffee table.
テーブルは正方形、もしくは長方形で、土台になる枠は別々になっています。高さ的にはコーヒーテーブル程度です。

・An electric heater is attached to the underside of the frame. A thick quilt is draped over the frame so the heat is trapped and the table top is placed on top.
テーブルの下に電気ヒーターが取り付けられています。テーブル枠に布団をかけることで熱が逃げないようになっており、天板をその上に載せます。

◆単語集

・A low table……座卓

・A top board……天板

・To trap the warmth……熱を閉じ込める

冬といえばコレ!「こたつでみかん」の英語表現

こたつが一体どのようなものなのかを説明できたあなた。ですが、相手の外国人はどうやって使うのか、どんな習慣があるのか興味津々かもしれません。そこで次は、日本人にとってはメジャーな文化である「こたつでみかん」を英語で紹介してみましょう。

◆「みかん」は“orange”ではない!?

ここで注意したいのが、日本のみかん=“orange”ではない、ということです。実はオレンジというのはネーブルやバレンシアオレンジなど外国産の柑橘類を指すのが一般的で、日本でよく食べられる小ぶりなみかんは種類が異なるのですね。

では、こたつの上に盛られていることが多いあの小さなみかんは何と言うのか?といえば“mandarin orange”あるいは“tangerine”と呼ばれています。マンダリンオレンジ、の方は昨今ジュースやお菓子などで馴染みのある名前のため、覚えやすいのではないでしょうか。

◆「こたつでみかん」を英語で言ってみよう

では、こたつでみかんを文章にして説明してみましょう。日本では昔からよくある光景ではあるものの、特に宗教的な意味があったり、必ずしもそうすると決まっていたりするわけではない、との解説も入れておくと良いかもしれません。

・Sitting under Kotatsu and eating cuties is kind of Japanese tradition in the winter.
こたつに入ってみかんを食べるのが、日本の冬の風物詩となっています。

・However, it is not a religious practice.
しかし、特に宗教的な習慣ではありません。

・Mandarins are rich in vitamin C and easy to eat, so they are loved as a fruit to prevent diseases.
みかんはビタミンCが豊富で食べやすいので、病気を予防する食べ物としても愛されているのです。

そもそもこたつって何?歴史と文化を紹介

このように、こたつやこたつでみかんを食べる風習などは英語で説明することが可能です。しかし、皆さんはこたつが生まれたきっかけや歴史については知っているでしょうか?

日本人だからといって歴史や成り立ちにも詳しいとは限りませんよね。では最後に、もしかしたら外国人からも一目置かれるかも?なこたつの歴史に関して、英語表現を勉強してみましょう。

・The kotatsu originated from an irori, a fire pit made by cutting out a flat, square hole in the floor of a house.
こたつは「囲炉裏」といって、家の床を四角く切り取り作られた炉から始まったとされます。

・The irori was used for cooking and heating.
囲炉裏は、料理をしたり暖をとったりする場として使用されてきました。

・People started building a wooden frame over the irori in the Muromachi Period in the 14th century. A quilt was placed over the frame. The original form of the kotatsu was born.
14世紀の室町時代になると、その囲炉裏の上に櫓(やぐら)を組み立て、更に布団をかけるようになりました。これがこたつの原型です。

・Wooden frame is a table made of timber.
櫓は木材を高く組み上げた台のことを言います。

・The kotatsu has evolved over the years.
こたつは長い月日をかけて進化を重ねてきました。

・There is also a Western-style kotatsu that can be used as a dining table.
現在では、ダイニングテーブルとして使用できる洋風のこたつもあります。

また、こたつといえば「つい眠ってしまう」という特徴もありますが、風邪を引きやすいためあまり奨励はされていませんよね。外国人のお友達も寝冷えしないよう、使ってもらう時には以下のように注意すると親切です。

・Kotatsu feels good, so we may fall asleep as it is.
こたつは気持ちが良いので、そのまま寝てしまうかもしれません。

・However, it is said that it is easy to catch a cold, so if you get sleepy, you should go to the bedroom.
でも、風邪をひきやすいと言われていますから、眠くなったら寝室へ行った方がいいですよ。

いかがでしょうか?外国人の方にもこたつが日本ならではの素敵なアイテムだと分かってもらえるよう、ぜひ英語表現をマスターしてみてくださいね。

おすすめの記事Recommendations For You