ハイキングやトレッキング、山登りの英語は?

みんなのネタ帳!英会話コラム

日常で使える英語フレーズ

2019/07/28

山登りは「ハイキング」「トレッキング」どっち?

間もなくレジャーシーズンが到来。海と山、どちらに行くか迷いますよね。しかし、そういえば「山登り」は英語で何と表現するのでしょう。
ハイキング? それともトレッキング? 今回はそんな疑問を抱くあなたのために、ハイキングやトレッキング、クライミングそれぞれの違いをご紹介しつつ、山登りに関する英語表現をまとめてみました!

山登りは「ハイキング」「トレッキング」どっち?

ハイキング、トレッキング、クライミングって何?

日本では大まかに「登山」と呼ばれますが、山登りにもハイキングやトレッキング、クライミングなど様々な種類があります。ハイキングは遠足のようにのんびり歩くもの、クライミングは崖を登るもの……・など、それぞれに何となくのイメージを持つ人も多いでしょう。

その3つは、実はそれなりに定義が決まっています。では、一体どのような意味なのでしょうか?

・ハイキング(hiking)

ハイキングは、簡単に言えば「野山を歩き回り、自然に親しむ徒歩旅行」のこと。ピクニックと混同されがちですが、ピクニックの場合は「屋外で食事を楽しむ」のがメイン、ハイキングは「歩くこと」がメインといった違いがあります。

ただし、場所は山とは限りません。低山や高原、公園、市街地など、整備されたところを中心としたウォーキングや自然を楽しむことが目的であればそれはハイキングだと考えて良いでしょう。シューズもウォーキング用のものが使われるのが一般的で、特別な装備も必要ありません。

・トレッキング(trekking)

トレッキングは、日本においては「山の風景や歩くことを目的とした、必ずしも山頂を目指さない登山」のこと。こちらは山登りの一種となりますが、麓のホテルで山道を楽しむのもトレッキングとして含まれるようです。

つまり、トレッキングシューズを用いた、本格派よりもやや気軽な登山といったところでしょうか。

ただし、英語での“trekking”は長時間(数日間に及ぶことも)に渡りかなりの距離を歩くこと、という意味合いもあるので、外国人から「トレッキングに行こうよ!」と誘われた際安易にOKすると後悔するかもしれません。また、北米では“バックパッキング”という言い方をすることも。

・クライミング(climbing)

崖を登る「ロッククライミング」に代表されるように、基本的には「登ること」という意味です。登山、という意味もありますが、英語で“mountain climbing”はかなり高度な登山、となりますので注意が必要です。

高度な登山とは、例えば舗装されたトレイル(登山道や林道)ではなく、上級者向けの険しい山に、テクニックを駆使しながら登るといったこと。それこそ岩場をよじ登るといったやり方ですね。

ちなみに、山頂を目指すという意味で「ピークハント(peak hunt)」という言葉も存在します。山登りも表現によって、全く違う内容になるのですね。

外国人には何て言う?山での挨拶集

登山をする時、すれ違う人とは挨拶をするのが一般的なマナーとされています。おはようございます、こんにちは、だけでももちろんOK。しかし、せっかくなら英語で世間話くらいしてみたい! という場合には、以下のような表現を使うことができるでしょう。

・Hello! How are you?
こんにちは!調子はどうですか?

・I feel very good!
とてもいいよ!

・How long did it take you to get to the peak from here?
頂上まで行くのにあとどれくらいかかりますか?

・It will be about one hour from here.
ここからだとあと1時間くらいかなあ。

・Please do your best!
頑張ってください!

・Thank you!
ありがとう!

・I will do my best to reach the top of the mountain.
頂上まで頑張ります。

・Don’t worry so much!! You can do it!
大丈夫、きっと行けるよ!

「山小屋」はなに?山で使える英単語集

また、外国人の方に「山小屋はどこですか?」と聞く時や、忘れ物をして何かを頼る時などに、あれは一体何て言えばいいんだろう……と迷うこともあるかもしれません。

そこで最後に、山で使えそうな単語集をまとめてみました。ぜひ活用してみてください。

・リュックサック……Backpack

・ウェストポーチ……Waist bag

・入山許可証……(wilderness/backcountry) permit

・山小屋……Hut

・雨具……Rain gear

・寝袋……Sleeping bag

・コンロ……Cooking stove

・虫除け……Insect repellent spray

・蚊取り線香(渦巻き型)……Mosquito coil

・ホッカイロ……Heat Pad/Pocket-size warmer

ホッカイロは日本に来ている外国人に対してなら「Hokkairo」でも通じる、という意見も。向こうにはあまりないものなので、海外まで送って欲しいと言う人もいるそうです。

・高山病……Altitude sickness

・低体温症……Hypothermia

・ピッケル……Ice ax

・アイゼン……Crampon

・カラビナ……Carabineer

・ストック……Ski pole

ピッケルやアイゼンは、主に雪の時期に山へ登る際に滑り止めや足場づくりとして使用するもの。カラビナも基本的にはクライミングに使用される道具なので、本格的な登山をしない方にはあまり馴染みがないかもしれません。

登山用具の中でトレイルを歩くタイプの山登りにも使いそうなのは「ストック」でしょうか。これは杖のように支えになってくれる道具で、長時間のハイキングやトレッキングでも身体への負担を軽減してくれます。

・登山口……Starting point(丁寧に言うなら、the starting point of a trail up a mountain)

・登山靴……A pair of mountain climbing boots(Mountain bootsでも通じることは通じそう)

・登山道……A mountain trail

・登山用具……Mountaineering equipment

・ダム……Dam

・川岸……Left bank(s)

・堤防……Embankment(s)

・吊り橋……Suspension bridge(s)

・渓谷……Gorge(s)

上記は「吊り橋に気を付けて」「あの堤防まで行こう」など呼びかける際に便利な単語。山登りは体力づくりにぴったりの趣味ですから、ぜひ親しい人やこれから仲良くなりたい人と一緒に行ってみてくださいね。

おすすめの記事Recommendations For You