七夕を英語で説明すると?

みんなのネタ帳!英会話コラム

日常で使える英語フレーズ

2019/07/04

日本文化「七夕」を英語で説明してみよう!

7月の行事といえば、日本においては「七夕」ですよね。年に一度、織姫と彦星が天の川で会える日には、皆それぞれ短冊に願い事を書いて成就を祈るのが一般的です。
しかし、この七夕。中国から日本に伝来した文化とは言われていますが、欧米ではほとんど知られていません。そこで今回は、外国人から「七夕ってなに?」と聞かれた場合、どのような行事なのか説明できるフレーズをご紹介します。尋ねられたら、ぜひ迷わず答えてくださいね。

日本文化「七夕」を英語で説明してみよう!

「七夕」を英語で説明するには?

まずは、外国人から七夕という行事そのものについて尋ねられた時に使用できるフレーズや例文などを見てみましょう。

主に「七夕の日付」や「彦星と織姫のエピソード」、そして「天の川について」「短冊に願い事を書く、というイベントについて」などがポイントとなります。

◆七夕の日付や言い伝えについて説明

・In Japan, an event called “Tanabata” is held every July 7th.
日本では、毎年7月7日に「七夕」という行事が行われます。

・Tanabaka is also known as the Star Festival in English.
英語にすると“Star Festival”とも言われるようです。

・There are romantic legends of "Orihime" and "Hikoshi" in Tanabata.
七夕には「織姫」と「彦星」のロマンチックな伝説があります。

・Orihime represents Vega, Hikoboshi represents Altair.
織姫はベガ、彦星はアルタイルという星のことです。

・One time they fell in love, but they were too hooked to get their work done.
ある時2人は恋に落ちましたが、夢中になりすぎて仕事を怠けるようになってしまいました。

・The heavenly gods got angry and separated Orihime and Hikoboshi onto the different sides of the Milk Way, or “Ama-no-gawa” in Japanese.
そこで天の神様が怒り、2人を「天の川」によって引き離したのです。

・The “Ama-no-gawa”is a band of stars that traverse the summer night sky from north to south.
「天の川」は、夏の夜空を北から南に横切る星々の帯のこと。

・However, the heavenly gods felt sorry for them and allowed them to cross the Ama-no-gawa to meet each other once a year on July 7th.
しかし、天の神様は嘆き悲しむ2人を哀れに思い、年に一度、7月7日だけ彼らが天の川を渡って逢瀬を交わすことを許しました。

・Unfortunately, the date of Tanabata is in the rainy season, so the night with clear sky is quite unlikely.
ですが、7月7日は梅雨の時期にも重なるため、なかなか晴れることがありません。

・On this day, many people pray for good weather on July 7th, because if it rains, Orihime and Hikoboshi will not be able to meet up due to the rising water levels of Ama-no-gawa.
なので7月7日になると、たくさんの人々が晴れますようにと願います。なぜなら、雨が降ると天の川の水かさが増し、2人の逢瀬が叶わなくなると言われているからです

◆七夕の歴史を説明

・Tanabata festival originated from the Chinese star festival called Kikkoden.
七夕のお祭りは、元々中国の「乞巧奠(きっこうでん)」という行事に由来します。

・During the Nara Period, Kikkoden festival was conveyed to Japan as the event in Imperial Court.
それが奈良時代ごろになると日本にも伝わり、宮中行事として行われるようになったようです。

◆短冊に願い事を書くことについて

・In Tanabata, we decorate a basket in the meaning to celebrate the reunion of Orihime and Hikoshi.
七夕には、織姫と彦星の再会を祝う意味で笹を飾ります。

・It is a tradition to hang an ornament made of paper or an elongated paper tag called "Tanzaku".
笹は紙で造られた飾りや、「短冊」と呼ばれる細長い紙の札を吊るすのが習わしです。

・Write your wish on the Tanzaku. Then, it is said that the hope will come true.
短冊には自分の願い事を書きます。そうすると、きっと願いが叶うと言われているのです。

・You can buy the Tanzaku by going to the shopping mall.
短冊はショッピングモールに行けば買うことができます。

・There are many events related to Tanabata, so please go if there is an opportunity.
七夕に関するイベント事も多いので、機会があったら行ってみてくださいね。

天の川は英語にもできる?七夕で使える英単語

例えば天の川は、上記のように「あれが天の川だよ」と説明するだけなら“Ama-no-gawa“でも良いのですが、英語では” Milky Way“と呼ぶので、場合によってはそちらを使った方が分かりやすいかもしれません。

他にも織姫と彦星、それぞれの職業(機織りと牛飼い)を説明したり、短冊についてもっと詳しく教えたりといった機会もあるでしょうから、下記の単語を頭に入れておくと良いでしょう。

・The Milky Way……天の川

・Legend……伝説

・Weaver……機織りの仕事

・Cattle herder……牛飼いの仕事

・Cattle……畜牛

・Herder……家畜の世話をする人

・Duty……義務、やるべき仕事

・Love at first sight……一目惚れ

・Fell in love……恋に落ちる

・Lovesick……恋煩い、恋に悩む

・Punishment……罰

・Weep……泣く、涙を流す

・Permission……許可

・Once a year……年に1度

・Flood……氾濫する、溢れる

・Bamboo……笹

・Branche……枝

・Pray……祈る

・Strips of paper……一切れの紙(短冊)

短冊も、英語で言い換えると“Strips of paper”、もしくは“Strips”となります。「短冊ってなに?」と聞かれたら、上記の単語を使って七夕に使う細長い紙のことだよ、と伝えてくださいね。

「短冊」に、英語で願い事を書いてみよう!

七夕の一大イベントといえば、短冊に願い事を書くこと。外国人の方と一緒に書く場合、せっかくなので一緒に英語でチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
また、相手から「こういう願い事を日本語にしたいんだけど……」と尋ねられた時のためにも、覚えておくと便利です。

◆自分についての定番の願い事

・I wish to have a happy life.
幸福な人生を送れますように。

・I want to become rich.
お金持ちになれますように。

・I want to improve my grades.
成績が上がりますように。

・I want to be good at English.
英語が上達しますように。

・I wish for more progress in my career.
仕事で昇進できますように。

・I wish to get a lover.
恋人ができますように。

・I hope I will get married this year.
結婚できますように。

・I hope I will be bestowed with a child.
子どもを授かれますように。

◆家族や他者についての定番の願い事

・Wishing for happiness for our family.
家族が幸福でありますように。

・I hope the whole family is healthy.
家族みんなが健康でありますように。

・I pray for my family's illness to be cured.
家族の病気が治りますように。

・I want the whole family to get along well.
家族みんな、ずっと仲良くいられますように。

・Wishing for happiness everywhere.
皆が幸福に過ごせますように。

・I wish people all over the world may live in peace.
世界中の人々が平和に過ごせますように。

などなど。自分1人の幸福から他者の幸福、壮大な願い事まで様々ですが、誰もが希望するであろうことですよね。

逆に他者に知らせるには恥ずかしいと感じてしまう願い事こそ、英語で書いてみるという手もあるかも? 七夕の英語をマスターしつつ、ぜひ年に1度のイベントを存分に楽しんでください。

おすすめの記事Recommendations For You