英語でパンを表現・数える方法は?

みんなのネタ帳!英会話コラム

日常で使える英語フレーズ

2018/10/04

パンは英語でブレッド、そのほかのパンは何という?

欧米の多くの国で主食となっているパン。日本でも食事やおやつなどに手軽に食べることができて人気ですよね。最近はいろいろなパン屋さんが、独自の工夫を凝らしておいしいパンを作って、ワイドショーなどでも紹介され、行列ができているお店もあります。ふわふわ、もちもち、カリッと、さまざまな食感が楽しめるパン。お店に行くと、何を食べようか迷ってしまってなかなか決まらない、なんてこともありますよね。子どもから大人まで幸せにしてくれる…と言ってもいいのではないでしょうか。そこで、今回はパンにまつわる英語表現をご紹介します。最近は、海外にはないような日本独自のパンもあるので、外国人に説明するときに、ぜひ参考にしてくださいね。

パンは英語でブレッド、そのほかのパンは何という?

パンの種類と英語表現を知ろう

パンは英語で「bread」と言います。後で説明しますが、英語で「パン」と言うと別の意味になってしまいますから、気をつけてくださいね。
ではまず、主なパンの種類と英語の表現をご紹介しましょう。

●フランスパン

英語では「baguette」。小麦粉、水、塩、イーストのみで作られる、フランス発祥のパンです。固い皮が特徴で、あまり日本人好みではないため、日本で売られているフランスパンは、日本人向けにソフトに作っているものが多いそうですよ。

●ライ麦パン

英語では「rye bread」。一般的に、パンは小麦から作られますが、小麦よりもビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なライ麦で作られているのがライ麦パンです。健康に気をつけている人に人気があります。

●クロワッサン

英語では「croissant」。パイのような口当たりと軽い食感が特徴のパンです。バターの風味が豊かで、日本人にも人気があります。

●マフィン

英語では「Muffin」。最近は、アフターヌーンティーなどで出てくるイングリッシュマフィンも知られるようになってきましたが、もともと日本でマフィンと言ったら、アメリカンなカップケーキを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。果物やナッツが入っていたり、チョコレートが練り込んであったりと、パラエティに富んだパンです。

●ベーグル

英語では「bagel」。一般的なパンと違って、バターや卵、牛乳を使用していないので、カロリーやコレステロールが低いものが多く、健康志向の人たちに人気です。

そもそも「パン」は英語でなにを意味する?

「パン」は実は、英語ではありません。もともとはポルトガル語が元になっている和製英語です。英語でパンと言うときは「bread」を使いますから、覚えておいてくださいね。

ただ、英語にも「Pan(パン)」という単語は存在します。その意味はなんと、「フライパン」です!またフライパンだけでなく、浅く作られた片手鍋を全般、「パン」と表現するようです。
このことは、「パンケーキ」を思い出すと、納得できるかもしれません。ホットケーキのことを、最近では「パンケーキ」と言うことが多いですよね。これは、フライパンでつくるケーキだから、「パンケーキ」なんですよ。

日本語だと「1枚、2枚」「1斤、2斤…」、英語で食パンはどうやって数えるの?

食パンは不可算名詞なので、たとえば「breads」というように、複数形の”s”は使えません。では、どのように数えたらいいのでしょうか?ここでは、食パンの数え方をお教えします。

まず、食パンをスライスしたものを数えるときは、”slice”を使います。

・a slice of bread:1枚のパン
・two slices of bread: 2枚のパン

スライスする前の食パンを数えるときは、”loaf”を使います。

・a loaf of bread:1斤のパン
・two loaves of bread:2斤のパン

「bread」を使用した例文や、おもしろい表現をみてみよう

では「bread」を使った便利な表現をいくつかご紹介しましょう。

・What kind of Bread would you like ?
パンの種類はどうされますか?

・The restaurant gives free bread with the pasta.
そのレストランはパスタに無料でパンをつけてくれる。

・Could I get a slice of bread ?
パンを1枚ください。

・I had bread with butter and a coffee for breakfast.
食パンにバターをぬってコーヒーを飲んで朝食にした。

・I bought some bread at the supermarket.
私はスーパーで食パンを買った。

・I bought one loaf of white bread and two loaves of whole wheat bread.
私は精白パン1斤と全粒小麦粉のパン2斤を買った。

・We didn’t have any buns so we used bread for the hamburgers.
バンズがなかったので、食パンをハンバーガーに使った。

また、「bread」を使ったスラング表現もあるので、あげておきます。

・I need to earn some bread.
私はお金を稼ぐ必要がある。
※bread=お金、という意味で表現しています。

・The internet is the best thing since sliced bread.
インターネットはここ最近で最も良い発明品です。
※the best thing since sliced bread=前代未聞のすばらしいアイデア

・That hedgehog is brown bread.
そのハリネズミは死んだ。
※brown bread=死んだ

おすすめの記事Recommendations For You