アメリカ人は英語の筆記体を使わないの?

みんなのネタ帳!英会話コラム

海外情報で解る!文化や習慣の違い

2018/12/06

英語の筆記体をアメリカで使わない!だから困らないって噂はホント?

日本の義務教育では長い間、英語の授業でブロック体と筆記体の両方の書き方を教えていました。筆記体が覚えられなくて必死で書いていたという人も多いのではないでしょうか。しかし今では、筆記体を教えない学校が増えてきています。というのも、2002年から筆記体の指導は必修ではなくなったからです。英語の本場アメリカでも昔から筆記体を書けない人も多かったので、現状に則した英語教育をしようということなのでしょう。
とくに最近はコンピューターの普及に伴い、手紙ではなくメール、仕事の書類はパソコンで作成というのが一般的ですから、筆記体はますます重要視されなくなっています。
てすが、本当に筆記体は書けなくてもいいのでしょうか?その真相に迫るべく、筆記体について調査してみました。

英語の筆記体をアメリカで使わない!だから困らないって噂はホント?

そもそも筆記体とは

筆記体は、単語の中の文字と文字をつなげて書く「続け字」言われるスタイルのこと。速く文字を書くのに適しています。また、タイプライターが登場する以前は、公式な文書には筆記体が使われていました。

ただ、近年はネイティブでも筆記体離れが進んでおり、筆記体を書けない人は増える一方です。アメリカでは小学3年生で筆記体を習うのが一般的ですが、パソコンの普及に伴って手書き文字の指導に以前ほど力を入れなくなり、現在では若者たちに筆記体はほとんど使われていません。手紙よりもメール、仕事の書類は全てパソコンというのが当たり前の世の中で、美しい筆記体を書く必要性はどんどん低くなってきています。

筆記体にメリットはないの?

このように、年々重要性が薄くなっているように思われる筆記体ですが、筆記体を書くメリットはないのでしょうか?

実は、筆記体にもメリットはあるんです。それは、「身体で覚えやすい」ということ。目や頭で覚えるのに適しているブロック体とは異なり、文字同士のつながりや流れで一つの単語を構成する筆記体は、スペルを頭が忘れても身体が覚えている…という場合が多いです。なので、筆記体を授業で教えられた世代の人は、かなり昔に習った単語のスペルを今も覚えているということがあるでしょう。
また筆記体だとスラスラ書ける単語をブロック体だとなぜか書けなくなるという人もいます。

こういったことから、筆記体は人間の思考だけでなく、無意識の中にも記憶しておける技術なのです。

筆記体の使用頻度と重要性は?

それでは、筆記体がとれくらい使用されているのかを、具体的にご説明しましょう。
ここまでお伝えしてきたように、現在アメリカでは、筆記体は使う人も使う機会もかなり減ってきています。若者が「筆記体を読めない」と言っても驚かないくらいです。かつてアメリカの義務教育で「筆記体の書き方」として確保されていた授業時間は「パソコンの使い方」に取って代わられ、筆記体の文化はインターネットに駆逐されるという識者もいるようです。
学校で筆記体を教えることの意義や重要さを唱える声もあるようですが、実際に教育の場で取り入れられることはまれといえるでしょう。

ただ、同じ英語の国でも、イギリスではまだ義務教育で筆記体を教えています。なので、イギリス人は基本的に筆記体を読み書きできると考えていいでしょう。またイギリスだけでなく、ヨーロッパの多くの国では今も筆記体を学校で学びます。文字を書くときに筆記体を好んで使用する人も多いそうですから、アメリカほど筆記体の使用頻度が少なくなっているわけではないでしょう。重要性という観点からしても、アメリカよりも筆記体は重視されているといえそうです。

筆記体ができなくて困ることはある?

今現在、筆記体ができなくて困ることがあるとすれば、筆記体の文書を読むときや、署名で筆記体を指示されるときでしょう。
ヨーロッパでは今も筆記体を書く人が多く、特に教育的に高いレベルにいる人ほど筆記体を好む傾向がありますから、そういった人たちと交流を深めたい場合は、筆記体ができたほうが有利です。「留学先の先生が板書を筆記体で書く人で、その授業についていけなかった」なんていう話もたまに聞きますから、やはり読むくらいはできたほうがいいと思います。

また重要書類の署名欄などには、自分の名前を筆記体とブロック体の両方で書くよう指定されるケースがあります。自分の名前くらいは筆記体で書けるようになっていたほうが安心でしょう。

ただ、筆記体を書かれて読めないときは、「ブロック体で書いて欲しい」とお願いすれば、場合によっては希望を聞いてもらえると思います。そのための表現を覚えておくのもおすすめです。たとえば、以下のフレーズが便利です。

・Please print your name.
お名前をブロック体で書いてください。

”print”は「印刷する」「印刷して出版する」という意味がメインですが、ブロック体で書くとい意味もありますので、覚えておくといいですよ。

おすすめの記事Recommendations For You