モチベーションを維持して、英語学習を続けよう!

みんなのネタ帳!英会話コラム

勉強のコツは?英語学習のABC

2018/07/10

続かない英語学習…モチベーションを維持するには

忙しい毎日を過ごしていると、英語を勉強する時間はなかなか取れないものです。英語学習をスタートしたときは「毎日勉強する」と決めたはずなのに、気づけば何日も英語に触れられない日が続くこともあるのではないでしょうか。それで、「自分はダメだ」と必要以上に自分を責めてしまう人もいるようです。
ですが、英語学習に対するモチベーションを維持できるようになれば、そんなこともなくなるでしょう。そのために、モチベーションが維持できる方法を、今回はご紹介していきますよ。

続かない英語学習…モチベーションを維持するには

何のために英語を勉強するのか、目標を忘れない

毎日、仕事や家庭のことなど、やらなければならないことに流されているとつい忘れがちですが、最初に英語学習をすると決めたときは、「英語力を身につけて、○○がしたい」という目標があったはずです。それを思い出してください。どんなに小さなことでもいいのです。たとえば、「お気に入りの外国映画を字幕なしで楽しむ」とか、「外国人の恋人がほしい!」といったことは、人にはわざわざ言わないかもしれません。でも、自分の中では大切にしてください。それが、英語を学習するモチベーションにつながるはずです。

また、「海外企業に転職する」とか、「留学したい」といった、少し難しいと思えるような目標の場合は、「どうせ無理」と投げやりにならないこと。どんなに難しく思えても、人から「現実を見なさい」などと言われても、自分の目標は自分だけのものです。人の目や意見に流されず、目標を持ち続けることで、モチベーションを維持できるようになるでしょう。

自分の好きなものと英語学習を組み合わせる

英語を勉強するとなると、代表的な方法は、市販の参考書やテキストを使うことでしょう。でも、それでモチベーションが下がって勉強が進まないのなら、「英語学習とはこういうものだ」という先入観を一度手放してください。そして、自分の好きなことで英語を学習できる方法がないか、考えてみましょう。

たとえば、アニメが好きな人なら、自分のお気に入りのアニメDVDで、英語音声が選択できるものを探して、そこからフレーズや英単語を覚えるという方法があります。他にも、音楽が好きなら洋楽の歌詞から学べるでしょうし、海外文学が好きなら、好きな小説の原書が良いテキストになるでしょう。

このように、自分の好きなものから英語を学べたら、モチベーションが自然と高まるはずですよ。

場所や時間を選ばない学習法も取り入れる

たとえば、分厚くて重い参考書を使うことが英語学習だと思っていると、基本的に自宅でしか、英語に触れることができなくなってしまうでしょう。そうすると、場所にも時間にも縛られるため、英語学習をする機会が減ってしまいます。そうすると、どんどん英語が億劫になって、モチベーション低下につながってしまうことも…。

もちろん、良質な参考書を学習に使うことはとても有効なことですが、それにばかりとらわれて、モチベーションが維持できなくなってしまったら本末転倒です。

ですから、家でしかできない学習法とは別に、どこでも英語に触れられる方法も取り入れましょう。参考書でも、薄くて軽いものをもう一冊用意すれば、持ち運ぶことができます。そういう参考書は、あまり詳しい内容ではないかもしれませんが、通勤途中や仕事の休み時間に英語に触れるためには役に立ちますよ。

また、英語のフレーズが収録してある音声をスマホや携帯プレーヤーに入れて、どこにでも持っていけるようにするのもおすすめです。疲れていて、英語を目で読む気にならないときも、耳で聞くぶんには苦にならないことは多いもの。いろんな勉強法を持っておけば、その時その時で、状況に合った学習ができますよ。

どうしてもやる気が出ないときは、「やらない」と決める!

このように、いろいろと工夫しながら学習していても、どうしてもやる気が出ないときはあるでしょう。仕事のトラブルがあったり、体調がすぐれなかったりしたら、英語にまで頭もエネルギーも回らないのは、決しておかしなことではありません。

そんなときは、もう「今日はもう、英語はやらない!」と決めてしまいましょう。そのほうが、「ああ、帰ったら英語をしなければ」と重荷に感じたり、「英語をしなければならないのに、今日もできなかった」と自分を責めたりするより、よほど健康的です。また、「やらなきゃ、やらなきゃ…」と思いながらだらだらとしていると、ずっと英語のことを考えているために、中途半端にやった気になってしまうこということもあります。

ですから、疲れたり体調を崩したりしているときは、「今日は、英語の勉強ができるだけのエネルギーが残っているかな?」と、まず自分に問いかけてください。そこで自分のコンディションを確認すれば、勉強できるかどうかの判断ができるでしょう。それによって、英語をするならする、しないならしないと決めて、メリハリをつけた姿勢で英語と向き合ってください。そうすれば、「ずっとやる気が出ない」ということはなくなり、結果的には英語の勉強を続けられるでしょう。

おすすめの記事Recommendations For You