英語を学ぶメリットはなに?

みんなのネタ帳!英会話コラム

勉強のコツは?英語学習のABC

2019/01/03

英語ができるようになると人生が変わる?英語を学ぶメリットとは

英語は勉強しているものの、何となく「やれば何か変わるかも」と思っているだけで、具体的なメリットは分からない……そんな方も実は多いのではないでしょうか。しかし、単語や文法の暗記といった単調な作業を超えて英語を話せるようになると、格段に人生は変化するのです!
今回はそんな英語学習のメリットについて、出来るだけたくさんご紹介します。ぜひ、ペラペラになった将来の自分を想像しながらご覧ください。

英語ができるようになると人生が変わる?英語を学ぶメリットとは

ネットの活用も変わる!英語を学ぶ身近なメリット

まず、英語を学ぶことによる「身近なメリット」をご紹介していきましょう。実は英語を勉強すると、ネットの使用ひとつにも変化が出て来るのです。

その1 情報収集の幅が広がる!

昨今では、テレビや本、新聞はもちろん「ネット」が重要な情報収集のツールになっていますよね。しかし、日本語しか分からなければ日本語のサイトしか見ることはできません。それが英語を学べば、英語で書かれているサイトから情報収集をすることが可能になります。英語は世界でも使用する人の多い言語なので、目に入る情報量は桁違いです。

翻訳された記事でなくても読めるということは、それだけ他者が介入していない「純粋な情報」を得らえるという意味にもなりますから、より一層視野も広まるはず。もちろん、英字新聞や洋書、英語の論文なども読めるようになりますね。

その2 海外作品の本当の魅力を知ることができる!

海外で制作された映画やドラマなどの作品には、基本的に字幕や吹き替えが付いていますよね。しかし、実際英語を勉強してみると、様々な事情から直訳されていない部分が多いことに気付くはず。しかし、英語を学んでから字幕もなしで映画を観てみると、英語圏の人々と同じような視点で物語を楽しむことができるようになるのです。英語ならではのニュアンスを正しく読み取ることで、ジョークや感動シーンも更に味わい深いものに。

その3 職業選択の幅が広がる!

また、英語が話せるようになれば職業選択の幅も広がります。特に日本は英語が堪能な人が比較的少ないため、TOEICのスコアや実践的な英語力を重視している企業が多いですよね。そのため、英語をしっかり学べば大企業や外資系企業、グローバルな職種などの採用条件を満たし、今以上のキャリアや収入を見込める可能性もあります。場合によっては、海外で働くチャンスも?

その4 頭が冴える!

勉強は何でもそうだと思われるかもしれませんが、英語は母国語である日本語と語順や文法が全く異なる言語なので、学んだり話したりするだけで実質「脳トレ」を行っているに近いと言えます。そのため、英語を学ぶことで頭が冴え、仕事や他の学習の効率がアップすることも。

友達も増える!人間関係に関するメリット

続いては、英語を学ぶことによって得られる人間関係についてのメリット。実は、外国人の友人が増えるだけではないのです。

その1 英語を話せることで、一目置かれる!

日本において、英語力が高いことは一種のステータスです。そのため、英語が話せるというだけで有能なイメージを持たれやすく、職場や友人たちにも一目置かれる可能性があります。

その2 仕事で頼られる機会も増える!

会社員でなくとも、外国人のお客様が来た、外国から電話がかかってきたなど、仕事で英語を使用する場は少なくありません。そのため、英語が話せるというだけで上司や同僚などから頼られる機会も増えると言えるでしょう。もちろん、職場での評価も向上します。

その3 恋愛のチャンスも広がる!

英語はアメリカやイギリス、オーストラリアなど英語圏はもちろん、世界で20億人以上に通用するとされる言語です。そのため、英語を話すことができれば世界中の人々とコミュニケーションが取れるようになれると言っても過言ではありません。もしかしたら、日本に訪れている魅力的な外国人と恋愛するチャンスもできるかも?

旅行だけじゃない!将来に関するメリット

最後に、英語を話せることで「将来的な選択肢」も広がります。はじめは海外旅行で不自由なく過ごせればいいと思っていた方も、上達するごとに長期滞在を考えるようになるかもしれませんね。

その1 海外の大学へ留学する手も!

日本で大学へ進学する場合、ほとんどの人が高校を卒業してすぐのタイミングになりますよね。「現役」という言葉からも分かるように、社会人になってから改めて入り直す人は少ないです。しかし、海外は違います。ハイスクールを卒業して暫く働いたり、旅をしたりしてから入学を検討する人が多いのです。

その事実は、アメリカやオーストラリア、ヨーロッパ諸国の大学入学年齢の平均が25歳~30歳前後であることからも分かります。自分にとって本当に大切なことややりたいことを知ってから、必要な勉強をするという方法ですね。海外の大学へ留学すれば、日本とはまるで異なる価値観や考え方を知り、きっと非常に有意義な時間を過ごせるはず。英語をしっかり学ぶことができれば、新たな人生の扉が開く可能性もあります。

その2 様々な国を回れる!

留学や長期滞在ではなくとも、あちこちへ海外旅行をするだけで充分日本との文化や雰囲気の違いを知れますし、とても充実した時間になるはず。しかし、現地の言葉が不自由だとできることは限られますよね。そこで英語が話せれば大抵の国では会話が楽しめますから、海外旅行先や現地での行き先の幅も大いに広がるのです。

その3 突然の海外生活も焦らずに済む!

今は日本で不自由なく暮らしていても、いつ海外生活の機会が巡ってくるかは分かりません。仕事の都合や家族の都合などで、自分の意志とは無関係に海外暮らしになる可能性は誰にでもあります。しかし、現地の暮らしぶりが分からなくても、言葉さえ話せれば何とかなることも多いので、英語を学んでおけばいざという時焦らずに済むでしょう。

いかがでしょうか? 英語を学べば進学や仕事の選択肢が広がるだけでなく、身近なことから将来的なことまで、様々なメリットが存在するのですね。インプットのみならずアウトプットの練習もしながら、着実に英語力を高めて行きましょう。

おすすめの記事Recommendations For You