採用を狙うための面接英語

みんなのネタ帳!英会話コラム

ビジネスですぐに使える英会話フレーズ

2020/01/23

採用につながる!?英語面接で覚えておきたいフレーズ集

訪日外国人が増え、英語力が求められる傾向が強くなっている日本。外資系企業や海外でサービスを提供する企業へ就職、もしくは転職したり、もしくは留学先でアルバイトの面接を受けたり……英語での面接を受ける機会は年々増えていると聞きます。
そこで今回はバッチリ採用を狙うために、英語面接でよくある質問や回答例などについて詳しくご紹介しましょう!

採用につながる!?英語面接で覚えておきたいフレーズ集

話し方のポイント&挨拶のコツは?

まず、英語での面接を制するための話し方のポイントについて見てみましょう。基本的な部分は日本での面接と同じですが、やはり英語ならではの注意点もあるようです。

・回答は丸暗記せず、柔軟な受け答えができるようにしておく

・ゆっくり、そしてハッキリと話す(言葉遣いは丁寧に!)

・現在完了形、過去完了形、現在進行形などの時制は正しく使う

・アイコンタクトやジェスチャーを交え、コミュニケーションを取る

・聞き取れない時は“Excuse me?”や“Pardon?”で聞き返し、分かったフリをしない

・英語の言い回しを正しくすることに集中しすぎず、コミュ力や対応力をアピール

英語での面接は確かに正しい単語や文法で伝えるのが望ましいですが、それに集中しすぎると単調な言い方になってしまったり、面接官と適切なコミュニケーションを取れなかったりしてしまいがちです。

多少間違えても、自分の想いをしっかりと伝える。ジェスチャーやアイコンタクトなどで補う、といった能力に優れている人の方が、特に外国人の面接官に対しては好印象を与えやすいと言われています。

◆面接の前に、簡単な挨拶とスモールトーク(アイスブレイク)がある

面接の最初には、誰もが自己紹介を行いますよね。しかし、名前を名乗るところからすぐに質問が始まる日本とは違い、英語での面接は最初に自己紹介をして、簡単な世間話で緊張を解く、というやり方が一般的です。

◆まずは最初の挨拶

・Thank you for giving me an opportunity.
面接の機会を頂き、ありがとうございます。

・It is my great pleasure to meet you.
お会いできて嬉しいです。

・Hello Sir/Madam, my name is Hitomi Nakagawa,I’m here for the 3 o’clock interview.
こんにちは、初めまして。中川ひとみと申します。15時からの面接の件で伺いました。

◆簡単な小話

・Was it easy for you find this place?
弊社の場所は簡単に分かりましたか?

・Yes, The map on your website is easy to understand.
はい、御社のホームページに載っていた地図が分かりやすかったので。

 

・How did you come here today?by train?
ここへは電車で来ましたか?

・No, I got on the bus.
いいえ、バスで来ました。

・There is a bus stop nearby, which is a good place.
バス停も近くにあって、良い場所ですね。

 

・It is very hot, isn't it?
今日はとても暑いですね。

・Should I lower the air conditioning temperature?
空調の温度を下げましょうか?

・I’m good.Thank you for your concern.
いいえ、結構です。お気遣いありがとうございます。

◆ここに注意!

挨拶の際には握手をするのが一般的ですが、ここで注意点があります。それは「握手をしながらお辞儀をしない」ということ。胸を張って、堂々とした方が実は印象が良いのです。また、握る際には遠慮しすぎず、しっかりと握ってください。妨げになりそうな厚めの指輪やネイルなどは、して行かない方が良いでしょう。

これだけは押さえたい! 代表的な質問&回答例

次に、英語面接での代表的な質問や回答例をご紹介します。今回は「自己紹介」「志望動機」「長所と短所」という定番の話題に注目してまとめてみましたので、ぜひ覚えてみてください。

◆自己紹介に関する質問&回答例

・Tell me about yourself.
あなたについて教えてください。

・Tell me about your experiences.
あなたの経験について教えて頂けますか?

 

・Prior to that, I spent three years as a sales rep at a foreign capital company.
これまで3年間、外資系企業で営業マンとして働きました。

・I’m a student in tokyo university.
東京大学の学生です。

・I major in philosophy.
哲学を専攻しています

◆志望動機に関する質問&回答例

・Why are you interested in working for us?
志望動機を教えてください。

・What do you expect from this job?
あなたはこの仕事に何を求めますか?

・What do you know about us?
弊社について知っていることを教えてください

 

・I've always been passionated about publication, and BC Company has always been my favorite and I wish to be a part of it.
私は書籍に非常に興味があります。BC社が作るものは中でもお気に入りで、ぜひその一員になりたいと思い志望しました。

・I have learned a lot from working with some amazing colleagues at my company but I am starting to feel like I need some new challenges.
前職では素晴らしい仲間に恵まれ、働く中でたくさんのことを学びましたが、ここに来て新たな挑戦をしたいと思ったからです。

◆長所・短所に関する質問&回答例

・What are your greatest strengths?
あなたの長所は?

 

・I am a kind of person who always thinks positive.
ポジティブに物事を考えられるところです。

・I perform well under pressure.
プレッシャーに強いところです。

 

・What is your biggest weakness?
あなたの短所は?

 

・I tend to do things at my own pace.
マイペースなところです。

・My defect weakness is to be a perfectionist.
完璧主義なところが短所にもなると思います。

◆「いつから働ける?」と聞かれたら

また、その他によく聞かれる質問として“When can you start working with us?”というものがあります。
これは「いつから働ける?」という意味なので、

・I'd love to start working here immediately, but I feel obligated to give at least months' notice at my current job.
すぐにでも働きたいのですが、現在の職場は退職のひと月前には通知をしておかなければならないんです。

といった風に、自分の都合をしっかりと伝えてくださいね。

特にありません、はNG! 面接官への逆質問

最後に、面接官に何か質問はありませんか? と聞かれることもありますよね。特にありません、ではなく、出来る限りコミュニケーションを取るために用意しておく方が好印象です。

・Why has the position become available?
このポジションは、御社ではどのような位置づけをされていますか?

・What plans does the organisation have for future development?
御社の今後のプランについてはどのようにお考えですか?

・What motivated you to join the organisation?
○○様(面接官)の入社動機は何だったのですか?

自分が志望する仕事について、具体的な役割を尋ねておくことは入社後の意識を高める上でも効果的です。また、あまり馴染みがないという人もいるでしょうが、面接官自身がなぜその会社を志望したのか、も尋ねて良いよう。

最後は、

・Thank you very much for having me today.
本日はお呼び頂きありがとうございました。

と言って、しっかり挨拶をして退室しましょう。

おすすめの記事Recommendations For You