居酒屋の接客で使える英語集

みんなのネタ帳!英会話コラム

ビジネスですぐに使える英会話フレーズ

2019/01/31

居酒屋ファンの外国人のお客様への接客にすぐに使える英語フレーズ

日本人にとってはちょっとした飲みから職場の忘年会、新年会などでお世話になることが多い居酒屋。賑やかで温かい場所ですが、実は外国人にも人気があるって知っていましたか?和風の佇まいの中で気軽にお酒が飲めて、日本料理やスイーツまで網羅された居酒屋は、手軽に「和」を楽しめる場所なのです。今回は、居酒屋に訪れる外国人のお客様をスムーズに接客できるよう、すぐに使える接客用語をご紹介致します!

居酒屋ファンの外国人のお客様への接客にすぐに使える英語フレーズ

居酒屋やお通しって、英語でどう言うの?

居酒屋は、外国人から「雰囲気が最高!」と言われており、和風の趣き溢れる建物の中で和気あいあいとお酒を楽しみながら、日本の風情を気軽に感じられる場所として人気を集めています。では、居酒屋は英語でどのように表現すればよいのでしょうか?

◆そのままでもオッケー!居酒屋の英名

・Japanese Pub

強いて言えば、最も通じやすいのはこの言葉でしょう。パブは海外で言うところの「食事とお酒が楽しめる店」なので、それの日本版だよ、と説明することができます。日本でも出版されている、外国人がおすすめの居酒屋を紹介するという名目の書籍でも、この言い方が使われているようです。

・Japanese gastropub

もう少し「食事処」という部分を強調したいなら、こちらの表現が適当と言えるでしょう。パブはどちらかといえば日本の「バー」に近い印象ですが、“gastropub”はしっかりとした食事も楽しめる、レストラン兼バーのような場所です。

・Izakaya

上記がパッと出て来ない場合は、実はそのまま「Izakaya」でも構いません。英語圏でも、日本ならではの文化として居酒屋という固有名詞が普及しつつあるからです。ただし、必ず通じるとは言いにくいので、“Izakaya is a style of Japanese Pub.”(居酒屋は、日本で言うパブのようなものだよ)と説明を入れましょう。

◆外国人には馴染みがない!「お通し」の説明

居酒屋といえば、料理の最初に出されることが多い「お通し」。ほとんど席料のようなものですが、外国人にとっては馴染みがないためあまり理解できない文化のよう。単語としては以下で表現できます。

・An appetizer.
前菜

・A small appetizer.
ちょっとした前菜

また、最初にかかる手数料(サービス料)のようなものです、と説明したい時は以下のように伝えましょう。

・This dish is part of the service charge.
この料理はサービス料の一部となっております。

ただし、注文してもいないのに食べられないかもしれないものを勝手に出されて迷惑だ、という人もいますので、事前にお通しに使う食材や調理法を確認しておくと安心です。

すぐに使える!居酒屋での接客フレーズ

では、居酒屋で使用できる接客フレーズについて見ていきましょう。

◆お出迎えの時

・Welcome!
いらっしゃいませ!

・Hi, how are you?
いらっしゃいませ、こんにちは!

※下の表現は「ご機嫌はいかがですか?」とも使われますが、いらっしゃいませと同様の意味を持ちます。

・How many people?/ table for three?
何名様ですか?/3名様で宜しいでしょうか?

・Did you make a reservation?
予約されたお客様でしょうか?

・Smoking or non-smoking?
煙草は吸われますか?

◆席へ案内する時

・This way, please.
こちらへどうぞ。

・Here is your table.
こちらのお席です。

・Here’s your Oshibori.
おしぼりをどうぞ。

・This wet towel to clean your hands.
このタオルは、手を綺麗に拭くためのものです。

・You can Put your bags here.
お荷物はこちらへどうぞ。

※座敷(土足ではない)形式の居酒屋の場合、以下の用例が使えます。

・Please remove your shoes.
靴を脱いでお上がりください。

・Please put your shoes in the shoe box.
靴は靴箱にお願い致します。

◆注文を聞く時

・Can I get you some drinks to start off?
お飲み物は何になさいますか?

・There is an all-you-can-drink menu.
ドリンク飲み放題のメニューがありますよ。

・Glasses will also be replaced when ordering new drinks.
おかわりは、グラス交換制でお願い致します。

・The all-you-can-drink course lasts for 2 hours.
飲み放題の制限時間は2時間です。

・Orders of this dish can be made from two portions or more.
このお料理は2人前から承っております。

・Anything else?
他にご注文は?

・Would you like anther drink?
もう1杯いかがでしょうか?

・That’s it for now?
以上で宜しいですか?

◆料理を運ぶ時

・Here you are!
お待たせ致しました!

・This is free of charge.
こちらはサービスとなっております。

※お水や食後のお茶が無料の場合は、こう表現します。

◆お会計の時

・Please pay at the register/table.
お会計はレジ/テーブルにてお願い致します。

・We do not accept credit cards, only accept cash.
クレジットカードは使えません。現金でのお支払いをお願い致します。

・That will be ____yen.
合計○○円でございます。

・I will receive ____yen.
○○円頂戴致します。

・Here is your change.
お釣りのお返しです。

・Thank you for coming, please come again!
ご来店ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております!

◆入店時のトラブル

もしすぐにご案内ができないようであれば、以下の用例で切り抜けましょう。

・I’m sorry, we are full now.
申し訳ありません。ただ今満席です。

・Please wait here for a moment.
少々お待ちください。

・It’s going to be about 30 minutes wait.
30分ほどお待ち頂くことになります。

・Thank you very for waiting. Please follow me.
大変お待たせ致しました。

応用編:お酒を薦めてみよう!

上記の接客フレーズを完璧にしておけば、ひとまず外国人の方の接客は問題なくできると言えるでしょう。しかし、例えばビールや焼酎、日本酒などの種類がたくさんある場合、おすすめも言えるようにしておきたい!という場合は、以下の用例を覚えておくと便利です。

・Which beer would you like?
どちらのビールが宜しいでしょうか?

・We have Asahi or Kirin.
当店には、アサヒとキリンがございます。

・Sake ○○ is recommended.
日本酒は○○(銘柄)がおすすめです。

・Sake is sweet and dry, fruity Which do you prefer?
日本酒は甘口、辛口、フルーティー……どれがお好みでしょうか?

・I think that this will fit your taste.
これなら、お好みに合うと思います。

いかがでしょうか? 日本ならではの居酒屋文化ですが、外国人のお客様にも「期待通りの場所だったよ!」と思って頂けるよう、接客フレーズをぜひ活用しましょう。

おすすめの記事Recommendations For You