ビジネスでの英語の電話のかけ方は?

みんなのネタ帳!英会話コラム

ビジネスですぐに使える英会話フレーズ

2018/07/18

英語対応で悩まない!電話のかけ方をマスター編

自分の会社が取引をしている相手先の企業が海外にあったり、協同でひとつのプロジェクトを進めていたりすると、自分が英語で電話をかけなければならない場面もありますよね。でも、電話だと普段以上に緊張してしまいがち。直接会って英語で会話をすることはできるけれど、英語の電話は苦手という人ってけっこう多いのです。
そんな人のために、今回は、仕事で英語の電話をかけるときの定番フレーズをご紹介します。基本的なところを抑えておけば、苦手意識もなくなるでしょう。

英語対応で悩まない!電話のかけ方をマスター編

最初が肝心!英語で電話をかけるときの挨拶

●自分から電話をかける場合、まずは自分の身分をはっきり伝えましょう。自分の会社名と名前を名乗ってください。

・Hello, this is Hanako Suzuki from ~corporation.
お世話になっております。~株式会社の鈴木花子と申します。
※英語には、日本語の「お世話になっております」のような決まり文句がありません。しかし、挨拶をしたほうが丁寧な印象になるので、直接会うときと同じ”Hello”を使いましょう。日本人の感覚からすると、カジュアルすぎるような気がするかもしれませんが、大丈夫。電話をかけるときは、ビジネスとして使えます。

●電話に出てくれた相手を確認する

次に、電話に出てくれた相手を確認しましょう。相手先の会社に電話をかける場合、最初に対応してくれるのが、自分が話したい担当者とは限りませんよね。電話越しの声だと、本人かどうか判断するのも難しいですから、この手順は忘れないようにしてください。

・Could I ask if I am speaking to Mr. Brown?
ブラウンさんですか?

・May I speak to Mr.Brown, please?
ブラウンさんをお願いします。

相手先の担当者につないでもらったら

無事に相手先の担当者につながったら、さっそく本題に入りましょう。日本の企業同士だと、ここで雑談をすることも多いですが、海外の企業に対しては、すぐに用件を伝えることをおすすめします。そのほうが、文化の違いによる誤解を避けられるでしょう。

・I’m calling to ~.
~をするために、お電話しています。

(例) I'm calling to talk about the estimate which we discussed the other day.
先日のお見積もりについてご相談したく、お電話しました。

・I’m calling about ~.
~の件でお電話をしています。

(例) I’m calling about your business trip to Osaka this weekend.
今週末の大阪出張についてお話ししたく、お電話しました。

相手先の担当者が電話に出られない場合

すんなりと担当者に電話がつながったらスムーズなのですが、残念ながら不在だったり、会議中だったりして、すぐに話せないこともあります。そんなときも、定番フレーズを覚えておけば、大丈夫。自分の目的に合わせて使い分けられるように、いくつか頭に入れておきましょう。

・Could you please tell him that Yamada called?
山田から電話があったことを伝えていただけますか?

・Can I leave a message for him?
伝言をお伝えしてもいいですか?

・Please tell him that I called?
私から電話があったことを彼に伝えてもらえますか?

・I will call him back later.
私からまた電話します。

・Could I ask what time he is coming back?
彼が何時に戻るか教えていただけますか?

・When is he going to be back?
いつ頃お戻りでしょうか?

・When is a good time to call?
いつ頃お電話差し上げたら宜しいでしょうか?

・Could you tell him to call me back, please?
電話をくださるよう伝えていただけますか?

・My number is ~.
私の電話番号は、~です。

・It’s urgent, so, can I get his phone number?
少し緊急の用事なので、彼の携帯電話の番号を教えていただけますか?

・Could you please ask him to call me back as soon as possible?
できるだけ早めに折り返しご連絡を頂けるよう、お伝え願えますか?

・May I speak to someone else in charge?
別のご担当者につないでいただけますか?

電話を終えるときの定番フレーズ

日本人同士で電話をするときもそうですが、基本的に、電話をかけたほうから会話を切り上げるのがマナーです。定番フレーズを覚えておけば、相手に気をつかわせずに済むでしょう。

・I’ll speak to you soon.
またご連絡します。

・Have a nice day.
良い一日を。

おすすめの記事Recommendations For You